2016年8月/ドッグライフプランナーズスタッフブログ

2016年8月

英英英 イギリス研修レポート その2 英英英

 イギリス研修レポート 第2弾 !!

 

⇒⇒第1弾はこちら 

 

せっかくイギリスに来ましたのでとりあえず散歩に行こう、ということで朝早起きをして散歩に行きました。

ホテルの目の前の公園も十分広かったですが、少し町中へ行くとこんな公園がいくつもありました…‼‼

S__20242450.jpg

そして驚かされるのは、芝生の手入れがきちんとされていることです。

見ているだけで気持ちが良いですね。自然あふれる環境も犬にとって幸せなことです!

 

 

S__20242449.jpg

そんなイギリスの公園にはあちらこちらにこの動物がいます笑

あまりに普通にいるので、初めは感動しましたが、次第に目が慣れて「またリスだ…」程度にしか思わなくなってしまうほど自然に溶け込んでいました。

 

ちなみに朝早かったため、ほとんど犬に会えませんでしたー。。。

S__20242448.jpg

ホテルに戻ったらすぐに朝食が!

イギリス伝統の朝食、だそうです。

9776b0fc-s.png

日本でいうところのこれですね多分。(写真引用)

気になるお味ですが…美味しかったです!!!

 

日中はロンドン観光をしました。(これはまたの記事でご紹介します)

 

中略…

 

 

そして、夜19時からいよいよしつけ教室がスタートしました!!

・・・え、19時??

夜からスタートなのです!

それも1時間を3セット、つまり夜の22時までのレッスン。

もはや気合いみたいなものを感じますよね。

どんだけ体力あるんだって話ですよ笑

S__20242451.jpg

ちなみに会場はこちらの教会です。

会場が教会というのもなんとも外国らしいです。

ちなみに言っておきますが、これ20時頃に撮影した写真です。

空、普通に明るいです笑

 

 

さて、レッスンですが、その日は3クラスあり、子犬のクラス、成犬のクラスで分かれていました。

大体各クラス3~5組参加していました。

 

【子犬のクラス】

1限目

・ヒール(室内を歩きながら付いてきてもらう練習)

 リードで引っ張らず、顎下でたるませるよにして、声をかけたり、ご褒美を使うなどして付いてこさせるように指導していました。

S__20242452.jpg

 

・呼び戻し

 1人が犬の首輪を抑えておき、飼い主さんに離れてもらい、「come」の合図で呼び戻します。

きちんとそばまで来れたらばご褒美をあげます。このとき、興奮のあまり飛びついてしまうような場合はご褒美を持っている手をできるだけ犬の目線まで下げる、それでも飛びつく場合は地面に置きましょうとアドバイスをしていました。

S__22904853.jpg

 

・おもちゃをくわえさせる練習

 おもちゃを投げてくわえたらしっかり褒めて遊んであげます。しかしながら、持ってくることなく1人で遊んでしまうような場合にはすぐに回収しに行きます。

 

【成犬のクラス】

2限目

・座らせて待たせる練習

 待たせている間はできるだけ飼い主さんに意識が向くようにずっと見ててもらうように引き付けるようにと指示がありました。周りに他の犬もいますし、ここできちんと人に意識を向けさせることが失敗させないコツですね!

 ・ヒール

 コーンの間を1個飛ばしで歩かせる練習をしていました。きちんと飼い主さんに集中しないとできないトレーニングです。時折誘導をする場面も見られましたが、みなさんよくできていました!

・首輪のチェック

 首輪に苗字と住所を書いておくように!と再三指導がありました。万が一逃亡してしまったりしても飼い主を特定するためですね。ちなみにイギリスでは「犬の誘拐」が実際にあるそうです。(売り飛ばしてしまうそうです…)参加されていた方の中にも愛犬がさらわれて、結果的に保護施設で無事に見つかったなんて子がいました。

・体を触る練習

 成犬でもやるんだ、と少し驚きましたが、体のいたるところを触れるかどうか確認しながら練習をしていました。

・おやつを目の前に置き、「よし」の合図まで待たせる練習

 単純な待ての練習というよりも外で勝手に知らない物を食べてしまわないようにするためのトレーニングだったようです。農場等に害獣防止のためにイギリスでは毒団子が撒かれていたりするようで、そういった毒物を勝手に食べてしまわないようにしなければならないといった背景もあるんだそうです。

・全員でヒール

 周りの犬に気が散りやすくなりますが、声をかけてみなさん上手にリードしていました。

S__22904855.jpg

 

3限目

・座らせて待たせる練習

2分間待たせる練習をしていました。

・ヒール

 歩いているときについ「おいで」と声をかけてしまいがちですが、それはダメとはっきり注意をしていました。

・屋外へ

 外に出て、道路前で待て、歩いている最中はもちろん横について歩くようにし、屋内に戻る際、ドアの前で犬を待たせて人が先に入ってから「よし」の合図で犬を入らせる練習をしていました。

S__20242453.jpg

 

S__22904854.jpg

 ・呼び戻し

・おもちゃの持って来い

 おもちゃをくわえたままなかなか持ってきてくれないような子がいまして、そのときにトレーナーさんが飼い主さんに対して退出するように指示をしました。すると、外に出ようとする飼い主さんを追いかけていきました。そこで飼い主さんはすかさずキャッチ。この方法には「なるほどー」と思いました笑

・ブラッシング

 ブラッシング中も犬の尻尾や耳などの体の動き(ボディランゲージ)をよく見て犬が何を考えているのかを観察するようにと指導されていました。

 

―♦♦♦― 感想 ―♦♦♦―

トレーニングのやり方についてはドッグライフプランナーズと大きな差はありませんでした。

しかしながら、飼い主さんの犬の接し方や、扱い方の部分においてはやはり大きな差があったように感じました。

例えば、むやみに撫でたり声を変えたりすることはありませんでしたし、小型犬が少ないということももちろんあるにしても(小型犬もいましたが。)抱っこするようなことはほとんどありませんでした。

そして、良い意味で適当に扱っていたように感じました。そこまで犬に神経質になって何かをしているように見えませんでした。かまい過ぎもやはり問題行動を生む大きな要因ですからね。

実際、平日のあれだけ遅い時間でもきちんと参加していることや、お父さんやお子さんも一緒に参加されている光景は刺激を受けました。

それともう一つ。

言葉を発することができない犬がどんな精神状態であるかを知るための一つのサインであるボディランゲージ。

お互いに意思疎通を図るためにはこういった細かなサインを見逃さず、"犬の気持ち"に寄り添って生活をしていくことが大切なのだと改めて感じさせられました。

オリンピック限定企画!

こんにちは!

猛暑が続き夏バテが心配される今日この頃ですが、地球の裏側では今まさに国を代表する選手たちが競っているリオ五輪が開催されていますね!!

港・品川校でもこのビッグウエーブに乗ってオリンピックを応援していこうと思います♪

※今回も横向き設定しかできず、ご容赦くださいm(__)m

 

ダックスのネーロくん

IMG_7472.JPG

 

Mixの姫ちゃん

IMG_7477.JPG

 

Mixのりんちゃん

IMG_7478.JPG

 

プードルのタルトくん

IMG_7480.JPG

 

ヨークシャーテリアのとらのすけくん

IMG_7504b.JPG

 

チワワのクロエちゃん

IMG_7506b.JPG

 

プードルのテディくん

IMG_8051.JPG

 

ダックスのMINOくん

IMG_8237.JPG

 

プードルのミッシュちゃん

IMG_8602.JPG

 

パピヨンのルイくん

 
IMG_8624.JPG

 

ポメラニアンのマロンちゃん

IMG_8777.JPG

 

以上、一挙にご紹介しました!

オリンピックはまだまだ続くので、パート2にもご期待くださいね♪

上手に歯磨きできるかなっ?!  IN銀座・築地校

こんにちは~☆

突然ですが、皆様のワンちゃんは、大人しく上手に歯磨きをさせてくれますか??

特に小型犬のワンちゃんとなると、口吻が小さく、歯の間隔が狭いため、口腔環境はどうしても悪くなりがち(;´∀`)

 

歯肉炎、さらに悪化して歯槽膿漏(人間だけの症状じゃないのですね( ;∀;))などにならないためにも、歯磨きは頑張って行いましょう~(^^♪

今回は、保育園&ホテルで来てくれているワンちゃんたちの歯磨きショットを公開です(`・ω・´)!!

 

IMG_5844.JPG

歯磨きデビューのララちゃん(Tプードル・4歳)

いきなりは磨きません(^^)/まずは歯ブラシに慣れる練習から!

IMG_5883.JPG

お泊りのジャスタウェイくん(Tプードル・3歳)はご自宅でもしっかり習慣になっているので、とってもお利口さん♡

IMG_5889.JPG

お泊りのドュラメンテくん(Tプードル・1歳)歯の裏側まで歯ブラシを当てる練習中です(`・ω・´)

IMG_5897.JPG

お預かりトレーニング中のルルちゃん(Tプードル・4カ月齢)

こんなに小さいうちから歯磨きトレーニングも開始です!!小さな乳歯ですが、歯磨き慣れをさせるには小さなうちからが大切です(^^)/

IMG_6115.JPGIMG_6110.JPG

小型犬ばかりではありません!

こちら、コロくん(被災犬の雑種・推定11歳)は体重15キロの大きなわんこです!

歯磨きは最近練習を始めて、今ではしっかり磨けています!(^^♪

 

おそらく【歯磨き大好き】なわんちゃんは一頭もいないはずです…('◇')ゞ

ですが、我慢して歯磨きさせてくれるしつけができているので、こうしてしっかり磨けるのですっ(`・ω・´)偉い!!

 

【どうして犬に歯磨きが必要なの!?!?】

という疑問もでますよね(^^♪

 

現代のわんちゃんの食事内容、長寿命、進む小型化など考えると、わんちゃんにも歯のトラブルがつきものになってきているのでしょう(;´∀`)

愛犬の大切な歯を守るのは飼い主様しかいません☆

歯磨きでお悩みなどあれば、ぜひスタッフにも相談してみてくださいね(^^♪

 

以上、銀座・築地校から酒井がお送りしました( `ー´)ノ

 

« 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年9月 »

このページのトップへ

最近の画像

home-minakami.gif